産地/ブレード・リヴァー・ヴァレー

OVERVIEW

概略

1993年のWine of Origin(WO)の一部改正にともない、南アフリカワイン発祥の地、ワイン産業の中心として重要な西ケープ州を筆頭に、東ケープ州、北ケープ州、フリー・ステイト州、クワズル・ナタール州とリンポポ州という州を基準とした6つのGeographical Unitが誕生した。

Geographical Unit(州単位)

geographical-unit

Region

region

※現在、【Region】があるのは西ケープ州のみ

WINE GROWING AREA

産地詳細

西ケープ州/Western CapeのRegions(地域)

Breede River Valley

ブリード・リヴァー・ヴァレーは、コースタル・リージョン東部とケープ・サウス・コーストの北側と接し、大陸性気候や高山性気候、温暖な地中海性気候も擁する産地で、南アフリカ全体の3分の1の栽培総面積を誇る。2,000m級の山々が連なるヘクス・リヴァー山系(Hex River Mountains)が生みだす水流が合流してインド洋にまで至る全長337kmのブリード川に沿い産地が広がる。降雨量も産地によって非常に異なり、ブリードクルーフ地区の北西山間部では1,000mm以上だが、ウスター地区の一部では200mm以下、地域全体の平均値は約300mmとなる。

灌漑設備や発酵技術を比較的早い段階から取り入れ、ブランデー産業の成長とともに発展した産地としても有名である。特にシュナン・ブランとコロンバールの主要産しとして名高い。

赤ワイン用主要品種として有名なのは、

・ピノタージュ
・シラーズ/シラー
・カベルネ・ソーヴィニョン
・サンソー

などを筆頭に非常に多くの品種が栽培されている

白ワイン用主要品種として有名なのは、

・コロンバール
・シュナン・ブラン
・シャルドネ
・セミヨン

などを筆頭に非常に多くの品種が栽培されている

Breedekloof

年間降雨量 : 784.0mm465985mmと差が大きい)
夏季平均気温: 21.5℃
夏季日照時間:  9.5時間
※WOSA資料より

ブリードクルーフは2つの山脈に挟まれた渓谷で多様なメソ気候がある地区。地中海性気候でありながら、西側の山脈が夕方には日陰を作るため畑によっては冷涼な気候となる。土壌はブリード川の源流と支流が作り上げた沖積で、山間の起伏から川沿いにかけて砂・砂利の比較的多いロームであり、肥沃ながらも水はけがよい。

ボッケフェルト土壌が存在することも特徴的だ。主要品種は、白がシュナン・ブラン、赤がピノタージュ。なおシュナン・ブランの栽培面積は南アフリカ全体の約18%を占める。この他にもローヌ系品種を筆頭にシャルドネやリースリング、マルベックにピノ・ノワールと非常に多種多様な品種が栽培されている。小地区はGoudiniSlanghoekの2つ、22軒のワイナリーが存在する。

Worcester

 ウスターは全南アフリカワインの4分の1を生産している地区として有名。またKWVブランデーの本拠地であり、南半球で最もブランデーを生産している地区である。乾燥しているが、四方を山に囲まれているため水源は豊富だ。早くからドリップ・イリゲーション(点滴灌漑)を利用したブドウ栽培が盛んに行われてきた。白はシュナン・ブランとコロンバール。赤はシラーとピノタージュ、続いてカベルネ・ソーヴィニョンだ。山間の独自テロワールをもつHex River ValleyNuyScherpenheuvelStettynの4つの小地区では、ブドウの収量を抑えた高品質なワイン造りが主流である。

Robertson

年間平均気温: 17.0℃
年間降雨量 : 405.0mm
夏季降雨量 : 30.5mm
夏季最高気温: 29.1℃
夏季最低気温: 15.6℃
夏季日照時間: 10.3時間
夏季の数値は12~3月の平均値
※1999年~2019のデータ

https://en.climate-data.org/africa/south-africa/western-cape-469/

南アフリカを代表するMCC[Method Cap Classique]メトード・キャップ・クラシック)生産者グラハム・ベックの本拠地があるロバートソン。海から100kmほど内陸にある産地で、最高気温は32℃ほどまで上昇するが、インド洋からブリード川を通って吹く南東風の恩恵を受け、夕方には20℃くらいまで気温が下がる。土壌は非常に多様で、砂質またはローム質の沖積土壌や、粘土質が豊富な赤土系ローム、マルメスブリーやボッケフェルト頁岩系に属する頁岩土壌、さらには地区を通じて石灰質土壌も多く見受けられる。白はシャルドネやソーヴィニヨン・ブラン、赤はシラーやカベルネ・ソーヴィニョンというように土壌タイプを選べば様々な品種が栽培可能である。

小地区は2018年、9から14に増えた。